Journal
hiroshigot.exblog.jp
変わらぬ味、ホルモン焼き
ここのホルモン焼きは、
辛めのコクのある味噌だれと、
しゃきしゃきもやしを目の前の鉄板で炒める独創的な一品だ。
この味はずっと昔から変わらない。
いつから続いているのか?
グルメサイトの「HotPepperフームー」の情報によると
どうやら自分と同い年らしい。
当時の値段は知らないが、未だに一人前300円は驚愕だ。
おかげで平日は仕事帰りのサラリーマンで相当な賑わいらしい。
小さな子供の頃、お好み焼きを食べに
家から歩いて何分もないこの店に寄ると
入り口の戸を開いた途端、
モクモクの煙と一緒に香ばしい味噌の焦げた
においが立ちこめていて、大いに食欲をそそられたものだ。
もっとも自分で好んでオーダーするようになったのは
小学校の高学年からだろうが、
当時、高校生でお店を手伝っていたお姉ちゃんが
今は店主として、目の前でまかないをしてくれる。


鉄板焼き「日喜屋」
愛知県名古屋市西区那古野1-21-21
地下鉄 丸の内8番出口
営業時間・定休日
11:30~13:30
17:00~22:00
定休日:日、祝
TEL052-565-0598
c0075729_15242565.jpgc0075729_15253824.jpg
[PR]
by gotohiltd | 2010-06-02 15:26 | 週末、何食った?